妊娠中は糖尿病の症状に注意!

妊娠中は糖尿病の症状に注意!

妊娠でめでたい。

家族や親族などがみんな喜んでくれている。

と、いうときに妊娠糖尿病にかかり、落ち込んでしまう。

という方がいる。

という記事を目撃しまして、どういったことなのかと見てみると、妊娠中はもともと体質が変わりやすかったり、つわりになったり、すっぱいものが食べたくなったり。

ということをよく耳にしますよね?そんな妊婦さんの体は、大事な赤ちゃんを産むために自分を犠牲にするかのごとく、自分の体調の変化が上下しやすくなるのです。

このようなときに病気にかかりやすいのですが、その中の一つ、妊娠糖尿病というものがあり、注意をしていれば大丈夫らしいのですが、それでも糖尿病の一種には違いはありません。

血糖状態に注意し、新たな症状が出ないように、医師からの予防・改善の指導をきちんと受けることが重要です。

普通の糖尿病のように、症状が現われてから自分は糖尿にかかっているのではないか?と疑うことは、この病気の場合はあまりないのですが、妊娠糖尿病の場合は、妊娠中に検査する定期健診で、発覚し注意を払わなければ出産後も継続して病気にかかることもあるし、胎児にも影響が出てくるかもしれないので危険なのです。

妊娠中は何かと大変ですが、お体に気をつけて妊婦の方、がんばってください。

糖尿病の合併症の症状の気づきにくさが危険

糖尿病の合併症は気づきにくさが最大の危険因子!そのような記事を見つけたので今回はその危険な合併症の内容を紹介していきたいと思います。

一番危険だと思ったのが糖尿病性網膜症でした。

この合併症は長年の高血糖によって障害を受けると、治療が難しくなり最悪の場合失明することになるのです。

この病気の一番恐ろしいところは現代のスマホ習慣による目の疲れからのかすみと症状が似ていることです!これが発見を遅らせることになるのです。

他にも、糖尿病性腎症や、糖尿病性神経障害なども、普段の生活の中で似たような症状があり、かぶっているので発見が遅れるのではないかと思いました。

糖尿病の症状を調べる

私はいろいろなサイトを見てみたのですが、合併症は発見しにくく、その症状も他に似たような病気や日常生活からのものがあったりと、はっきりとわかる決め手。

もないものですから、自分では判断ができないのです。

しかし、普段から予防に気を使ったり、症状を把握し、少しでも不安を感じたら血液検査などの検査をしてもらうことを心がけることが重要ですね!